まちの価値を大切に伝える

ホームページを作るために、改めてこれまで手がけた案件を並べてみて、なんて「東村山」に特化した制作チームなんだと、我ながら笑ってしまいました。とはいえ、私たちが地元・東村山に向き合うようになったのはつい5年前のことです。
それまではそれぞれフリーランスで都心のクライアントさんとお仕事をし、地域の出来事にもさほど関心もなく暮らしていましたが、ちょっとしたきっかけで同じまちに暮らす人たちと出会い、まちを知ると、東村山の風景が何倍にも魅力的に見えるようになりました。
ハチコク社は企画編集者とデザイナーの2名。それぞれ得意分野や何となくの役目はありますが、状況で役割も入れ替わるし、大抵は打合せも取材も、ディレクションも二人三脚で動きます。分業した方がはるかに効率的なのですが、その場所に直接飛び込み、人に会い、声を聞き、歩いて、感じたことを話し合い、レイヤーのように少しずつ積み重ねて見つけた「まちの価値」を大切に伝えたい。最小単位の制作会社だからこそできる地域への関わりが、必ずあると信じています。

2018年8月5日

[ハチコク社の由来]
東村山には「八国山」というなだらかな山があり、東京とは思えないのどかな里山風景が残されています。すてきな場所だけど市民でも知らない人も多くて、子どものときから住んでいる私たちが行ったのもつい数年前のことでした。自分の暮らすまちの宝物に気付かせてくれた、はじまりの場所です。

 

[company]


社 名 合同会社ハチコク社


住 所 〒189-0012 東京都東村山市萩山町3-12-7(近日移転予定)


問合せ こちらからお問合せください


設立日 2017年5月15日


代表社員 仲幸蔵


従業員数 業務執行社員2名


業務内容
まちのPRプロジェクトの企画提案
紙媒体を中心とした企画編集・デザイン・印刷・撮影
商品の企画・製造・販売
WEB制作
イベントの企画・運営・管理


 

[member]
仲幸蔵 Kozo NAKA
代表社員/編集・企画・ディレクション・撮影

1976年東村山生まれ。編集プロダクション勤務を経て、独立後は旅行ガイドブック「るるぶ」など、東日本を中心に通算100冊以上の冊子を手がける。当時は企画編集・取材・撮影・執筆を一貫して担当。現地の人と繋がり、生の声を聞くことで、リアルな情報を伝え、取材後も現地の人との交流を続けている。2012年に発足した「東村山フラッシュモブズ」に参加したことがきっかけで、地元東村山を中心とした地域活動に関わるようになる。2014年には自ら東村山市商工会に企画を提案した「るるぶ特別編集 東村山」を発行。第19代東村山市商工会青年部部長を経験するなど、地域の真ん中に自ら突っ込んでゆき、「まちジャム」「どんこい祭」をはじめとした東村山のイベントの企画運営などに携わりつつ、まちに寄り添った制作活動を展開している。

 

福田忍 Shinobu FUKUDA
アートディレクション・グラフィックデザイン・イラストレーション

1972年大阪生まれ、12歳の時に東村山に移住。創形美術学校グラフィックデザイン課に在籍中にリクルートガーディアンガーデン「ひとつぼ展」グランプリを受賞。卒業後はイラストレーターとして活動しながらアートディレクター伊藤桂司氏の元でクリエイティブの礎を学ぶ。独立後はフリーのグラフィックデザイナーとして活動しつつ、イギリスや東東京、川崎など、都市の郊外を好んで転々とする。出産を機に戻った東村山で「るるぶ特別編集 東村山」のデザインを担当し、以降、地域に根ざした制作物やイベントの企画制作に携わるようになる。 東村山市内同時多発ライブイベント「まちジャム」、野外シネマイベント「さとやまシアター」、国立本店メンバーとして旧高田邸や鳩の湯イベントなど、地域プロジェクトの企画運営に関わることも多い。